演劇について

「演劇」ってどんな物かお分かりでしょうか。JT 中途採用一般的に言う演劇とは、役者が観客の前で生でテーマやストーリーにそって演技をする事を指しています。そんな一般的な物から芸術の域に達する物まで本当に幅広いです。「演劇」と言ったり、「舞台」と言ったりもします。映画やテレビで見る物語と違って、スクリーンや画面を通さずに直接役者の演技を見る事が出来るのが特徴です。テレビでも生放送と言うのが有りますが、リアルタイムに見る事が出来ると言うだけで直接役者達を見る事が出来ないので、この点が演劇とは違うと言う事になります。演劇の魅力と言うとやっぱり「直接」「リアルタイム」に見れると言う事だと思います。生の演技の迫力はまさに凄いですし、ドラマ撮影と違ってやり直しが効かないと言う事に対する緊張感なんかも伝わってきます。また同じ会場にいると言う一体感、演技の奥深さ、失敗した時にも一緒になってそれを見れると言う生ならではの面白さ等が演劇の魅力ではないかと思うのです。初めて見る演劇と言うのが意外に大切で、その演劇が面白かったかどうかでハマるかハマらないかが変わってくるのです。演劇は一回見に行くのでも良いのですが、もしお金に余裕が有るなら複数回同じ演劇を見に行くのでも良いと思います。同じはずなのに、前回とは違う新たな発見が見れるかもしれないのです。出来れば、初日、中日、最終日と見れたらまた違った見方が出来ると思います。一度演劇を見てみてあなたなりの体験をしてみてください。